WEBライターが無料で学べる6大プレゼント配布中!

WEBライターが検索意図について最低限知っておきたい知識まとめ

検索意図を把握することで、ユーザーが求める情報を読み取れるだけでなく、SEO対策にもつながるため、上位表示されやすくなります。

  • 「検索意図を反映するにはどうしたらいいの?」
  • 「サイトで上位表示されるために、どんな情報を書けばいいんだろう?」

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんな検索意図を把握する方法が分からないというお悩みを、現役WEBライターの観点から解決します。

具体的には

  • 検索意図とは
  • WEBライターのリサーチに必須となる2つの検索意図
  • WEBライターが知っておきたい4つの検索クエリ
  • WEBライターが検索意図を調べるためのおすすめ方法

の順番にご紹介していきます。


WEBライター月30万円稼ぎたい方必見!
総文字数60,000
大ボリューム!LINE登録だけでWEBライター全てがわかる!

ウィビー助手

先着200名様限定です!

なくなり次第プレゼントのボタンは消しますので、お早めにどうぞ!

↓クリックで飛べなければ受付終了↓


目次

検索意図とは

検索意図とは、ユーザーが検索エンジンで検索をする際の背景にある目的のことです。検索意図を理解すれば、ユーザーのニーズに応えられる記事を執筆できます。

検索意図を満たした記事を作成しよう

検索意図を理解するには、ユーザーが検索しているキーワードを調べることからはじめましょう。検索意図を理解せず、記事を作成してもユーザーの評価は得られません。

ユーザーファーストを極めれば、自然と検索上位に表示される可能性が高くなります。

検索意図を調べる簡単な方法として、検索エンジンでキーワードを入力すると関連するキーワードが、検索窓の下に一覧で表示されます。

Googleで「WEBライター」と検索すると、このようなキーワードがでてきます。

検索窓の下にでてくるキーワードのことをサジェストキーワードといいます。サジェストキーワードはユーザーがよく入力する単語がでてきます。

また、検索したページの最下部に表示されている関連キーワードも検索意図を反映しているので、目安になります。詳しくは、この記事の後半でお伝えします。

他にも、検索上位に表示されるサイトを参考にしたり、Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトで調べることも有効です。

考えられる限りのアンサーを用意し、まとめましょう。ただし、詰め込みすぎて話が脱線しないように気をつけてください。

5W1Hから逆算して検索意図を探す

5W1Hとは、「When(いつ)」、「Where(どこで)」、「Who(誰が)」、「What(何を)」、「Why(なぜ)」、「How(どのように)」の頭文字をとった言葉です。

5W1Hから逆算して検索意図を考えると、ユーザーのニーズを先読みし、求めている情報に+αの情報を提供できるため、満足度向上を狙えます。

例えば、「ハワイ 8月 気温」と検索した場合の意図は、8月の天候や気温を知りたいと考えます。ハワイは、観光地であるため、8月に旅行したいユーザーがいるのではないか?と考察できます。

その情報に5W1Hをあてはめ、先読みし次のような情報を書き込みます。

  • 旅行プランや飛行機チケットの情報
  • オススメの観光スポット
  • 服装や持っていったほうがいいもの

このように、ユーザーが求めている情報に「こういうことも知りたいのではないか?」と考え、+αの情報を書き込みます。

他のサイトや記事と差別化をはかるためにも、ユーザーにとって有益な情報を先読みして、執筆をすれば満足度向上につながるので、意識してみましょう。

WEBライターのリサーチに必須となる2つの検索意図

検索意図には、「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」があります。2つの検索意図を理解しておけば、記事レベルもUPします。

顕在ニーズ

顕在ニーズとは、ユーザーが認識できていて表現できる意図です。例えば、「中古車 価格」と検索する場合は、中古車の価格の相場が知りたいはずです。

ユーザーが、検索したいことや疑問がはっきりしていることを顕在ニーズといいます。

潜在ニーズ

潜在ニーズとは、ユーザーが認識できておらず表現できない意図です。先ほどの「中古車 価格」の潜在ニーズとして以下のようなことが考えられます。

  • 燃費のいい車や維持費のかからない車
  • メンテナンスの方法
  • 使用する目的によってオススメの車

ユーザーが知りたい情報だけでなく、検索したキーワードに関係する情報を書き込むことでユーザーが本当に求めている情報を提供できます。

WEBライターが知っておきたい4つの検索クエリ

検索クエリとは、検索エンジンに入力されたキーワードのことです。WEBライターが知っておくべき4つの検索クエリがあります。

目的検索意図求められる情報
Know知りたい知識や情報東京スカイツリーの高さ
Go行きたい特定の場所や特定のサイトハワイ旅行、Amazonカスタマーサービス
Doしたいやりたいことの情報本棚DIY
Buy買いたい買いたい物の情報パソコン機種

以上4つの検索クエリについて解説していきます。

Knowクエリ

Knowクエリとは、ユーザーが知りたい情報があるときに入力します。

知りたいことについての答えを求めているため、正確な情報を伝えることが必要です。間違った情報をのせてしまうと、ユーザーからの信頼を失い、Googleなど検索サイトからの評価を落とすことになります。

例えば、「東京スカイツリー高さ」と調べて、「東京スカイツリーの高さは333mです」と書かれていたら、誤った情報をユーザーに伝えてしまいます。(ちなみに、東京スカイツリーは634mで、東京タワーが333mです)

Knowクエリは、ユーザーがまったく知らないことを調べることもあるので、記載する情報には十分注意してください。

Goクエリ

Goクエリとは、ユーザーが特定の場所や特定のサイトへ行きたいときに入力します。

旅行で行きたい場所があるときや、見たいサイトがあるので、具体的な情報が求められます。

例えば、「ハワイ旅行」と検索した場合、飛行機の情報や観光スポット、オススメのレストランやホテルを知りたいはずです。

また、「Amazonカスタマーセンター」と検索した場合、連絡方法やサイトへのリンクを貼っておくとユーザーも分かりやすいです。

Doクエリ

Doクエリとは、何かをしたいと思ったときに入力されます。

何かを作りたかったり、趣味で何かをしたいと思ったときに、実際にどうすればいいか知りたいはずです。

例えば、「本棚DIY」と検索する場合、必要な材料や工具、手順などを調べています。写真や動画などで視覚化したほうが分かりやすいです。

YouTubeをしている人であれば、リンクを貼り付けて、誘導することも可能です。

Doクエリは自分の趣味や得意なことがあると相性がよく、場合によってはビジネスチャンスにもつながりやすいです。

Buyクエリ

Buyクエリとは、ユーザーが欲しい商品があるときに入力されます。

直接販売につながる可能性が高いため、商品についての説明や他の商品との比較といった情報が求められます。

例えば、「パソコン オススメ」と検索している場合、用途にあった機種の選び方や、最も安く手に入れる方法やサイトをのせていると満足度向上が期待できます。

また、口コミなども購入の判断材料に関わる重要なポイントなので、記載したほうがいいでしょう。

Buyクエリは、アフィリエイトなどをしていると相性がいいですが、ユーザー視点で執筆することを心掛けましょう。

WEBライターが検索意図を調べるためのおすすめ方法

検索意図には、どのような種類があるかをお伝えしてきましたが、実際に調べる方法を解説していきます。

上位表示サイトを調べる

検索エンジンで上位表示されるサイトは、ユーザーの検索意図を反映しており、ニーズに合ったコンテンツを提供している可能性が高いです。

上位表示される条件として、ドメインパワーなど複雑な要素も含まれていますが、検索エンジン側は、ユーザーの検索意図に沿った内容を提供しているサイトを高く評価しています。

特定のキーワードで検索し、上位表示されたサイトを少なくとも3つ、できれば10個ほど目を通せば、おおよその検索意図は把握できます。

ただし、サイトの文章などをコピペすることは絶対にしないでください。あくまでも、参考にして、自分なりの文章で執筆するようにしましょう。

ラッコキーワードツールの見出し抽出を活用

ラッコキーワードを使えば、他のサイトでどんな見出しを使っているかが分かります。

見出しだけでなく、サジェストキーワードやQ&Aサイトで何が検索されているか分かるため、ユーザーの検索意図やニーズが読みとれます。

ラッコキーワードで上位表示されているサイトの見出しや構成を確認することで、検索意図が把握できるため、自分の記事に応用ができます。

ユーザーの検索意図やニーズを調べるツールとして、ラッコキーワードをぜひ活用してみてください。

サジェストキーワード・関連キーワードから調べる

冒頭でもお伝えしましたが、サジェストキーワードとは、検索エンジンで調べたい単語を入力したとき、自動表示される検索候補のことです。

ユーザーが直接入力しているキーワードで多いものが表示されるため入力の手間が省けたり、調べたいことが曖昧でもヒントになるキーワードが表示されます。

次に、関連キーワードについて解説します。検索ページをスクロールしていくと最下部に表示されているキーワードが関連キーワードです。

サジェストキーワードが直接入力されているキーワードを表示するのに対し、関連キーワードは入力されたキーワードに関して、つながりのあるキーワードが表示されます。

サジェストキーワードと関連キーワードを記事に反映させることで、SEO対策にもつながりますので、参考にしましょう。

共起語検索ツールを使う

共起語とは、特定のキーワードと一緒に組み合わせて使われることが多い単語のことです。

共起語検索ツールを使えば、他の記事で特定のキーワードと一緒に使われやすい単語を知ることができるので、1つのキーワードに対して、何について書けばいいかが把握しやすいです。

共起語検索ツールには、

などがあります。

共起語検索ツールを使えば、記事の構成が楽になりますし、ユーザーが求めている情報が分かるので、ぜひ活用してみてください。

Q&Aサイトを調べる

Q&Aサイトは、ユーザーの率直な疑問を知ることができます。

回答についてもさまざまな視点や意見を知ることができるため、新たな発見があるかもしれません。

特定のキーワードで検索すると、それに関連した質問も下部に表示されるため、ユーザーの疑問をある程度、網羅できます。

Q&Aサイトには、

などがあります。

また、ラッコキーワードで検索すると、Q&Aサイトを一括で確認することができるので、非常に便利です。

バーティカル検索とユニバーサル検索から探る

バーティカル検索とは、Googleなどの検索エンジンで検索窓の下に表示される画像、動画、ニュース、ショッピングなどのカテゴリーのことです。

カテゴリーの順番は、入力したキーワードによって入れ替わります。

例えば、「東京スカイツリー」と入力すると、地図が1番目に表示されますが、「パソコン」と入力すると、ショッピングが1番目に表示されます。

バーティカル検索は、入力したキーワードに対して、検索意図を読みとり、自動でカテゴリーを並びかえてくれます。

ユーザーが特定のキーワードに対して、何を知りたいかの優先順位が分かるため、検索意図の参考になります。

バーティカル検索を発展させて作り出されたのが、Googleが開発したユニバーサル検索です。

ユニバーサル検索とは、検索結果画面にWebページ以外の画像や動画、地図などのコンテンツを自動で表示する機能です。

例えば、「ユニバーサルスタジオジャパン」と入力すると、画像や地図、SNSの情報、ニュースなどが表示されます。

ユーザーが必要としている情報を上位から表示するため、ユーザーが実際に何を調べたいかが一目で分かります。

バーティカル検索とユニバーサル検索を参考にして、ユーザーが求めている情報を読みとり、記事に活用してみましょう。

まとめ

この記事では、検索意図について解説してきました。

本記事のまとめは以下の通りです。

  • 検索意図とは、ユーザーが検索エンジンで検索をする際の背景にある目的
  • 検索エンジン側は、ユーザーの検索意図に沿った内容を提供しているサイトを高く評価
  • サイトの文章などをコピペすることは絶対にしない
  • ラッコキーワード共起語検索ツールを活用する
  • Yahoo!知恵袋教えて!gooなどのQ&Aサイトでユーザーの疑問を探る

今回は、記事に検索意図を反映させる方法をすべてお伝えさせていただきました。実体験をもとにした、本当に役立つノウハウなので、ぜひ参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれた方はRTいたします😊
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次