WEBライターが無料で学べる6大プレゼント配布中!

クラウドワークスのWEBライター検定2級のメリット・デメリットを徹底解説!

「すぐに使える資格が欲しい」
「副業で稼げるようになりたい」
「ライターの仕事に興味がある」

こんな悩みや思いを抱いたことはありませんか?

WEBライター検定2級に合格すれば全て解決できるんです!

そこで今回は、webライター検定2級について実際にWEBライターとして活動している私がご紹介します。

これを知れば、あなたもライターとして活動してみたいという気持ちが芽生えますよ。

目次

WEBライター検定2級の特徴 

WEBライター検定という言葉を初めて聞いた方も多いと思います。

私もwebライターを始めるまで聞いたことがありませんでした。ここではWEBライター検定とはどういったものかお伝えします。

WEBライター検定2級のクラウドワークスが運営

そもそもWEBライター検定とはどんなものかご存じですか?

「WEBライター検定」とは、クラウドソーシングサービスを提供する業界最大手、「クラウドワークス」が運営するスキル検定です。

級は3級から1級まであり、その名の通りWEBライター向けの資格となります。

コンテンツマーケティングのプロ集団である「株式会社グリーゼ」が監修し、ライティング形式で試験をおこなうため実務スキルの証明に最適です。

内容も構成案に基づいて、心を動かす文章の書き方を理解・実践できることの証明になる検定内容になっており、ライターとしての実績がない初心者でも、合格すればクライアントへの大きなアピールポイントになります。

WEBライター検定2級の公式リンク:https://crowdworks.jp/skill_tests/web_writer_2_kyu

不合格の場合は14日間再受験ができない

WEBライター検定2級は結果が出るまで最大2週間かかります。

そのため、結果がでるまでの14日間は再受験することができません。

再受験できるようになるまで少し期間が空くので、次の試験の準備期間として利用するといいでしょう。

合格率はなんと5%?

WEBライター検定は最初にお伝えした通り3級から1級まであり、3級の合格率はなんと5%と低めです。

3級のみ無料で受験ができる為、勉強せずに試しに受ける方も多くいます。

その為合格率が低いこともありますが、それにしても驚くべき数字です。

3級は解答がマーク形式ですが、2級は全てがライティング形式になりさらに難易度が上がるため、2級合格は狭き門です。

2024年現在2級合格者はわずか300人程度しかいません。

受験結果がすぐわかる

WEBライター検定2級はわずか2週間で結果が返ってきます。

2週間という短い期間にも関わらず、提出したライティングに対してしっかりとした指導とアドバイスをしてもらえます。

残念ながら不合格になってしまったとしても、今後のライティングに活かしたり、再受験の際の参考にしたりできるため受験して損はありません。

WEBライター検定2級を受けるメリット

WEBライターがどういったものかわかったところで、次は受験や資格取得をした際のメリットをお伝えします。

メリットは6つあるので、1つずつ詳しく見ていきましょう。

WEBライターの基礎知識が学べる

メリット1つ目は、ライターの基礎知識が学べることです。

WEBライターに挑戦してみよう!と思ったときまずどんな行動を取りましたか?

私は副業として段階的に稼ぐためのロードマップが書かれた本を何冊か読みました。

しかし、文章の書き方や記事構成などについては実際にライターとして活動を始めてから独学で身につけたものです。

WEBライターの仕事はほとんどが会社に属さず副業やフリーランスとして活動するため、なかなか基礎知識を身に着ける機会が少ないです。

案件やクライアントによって指定される記事構成や文体は異なるものの、基礎知識が身に着けば応用が可能です。

どんな案件にも対応できるライターになるには基礎知識の取得は大きな武器になります。

WEBライター検定2級を受験すればテストを受けながら基礎知識が学べるため、今後のライターとしての活躍の幅が広がっていきます。

クラウドワークスの保有スキルに記載でき、仕事の受注率が上がる

メリット2つ目は、クラウドワークスの保有スキルに記載でき、仕事の受注率が上がることです。

WEBライター検定2級に合格すると、クラウドワークスのプロフィールに合格証が表示されます。

その為、駆け出しのライターで実績がなかったとしても、資格を保有することで基礎知識や文章能力の有無が一目でわかります。

実績が少ないうちはクライアントへの提案文やプロフィールの内容だけでは自身の力をアピールしにくいため、資格1つで説得力のあるアピールポイントになります。

もちろんある程度の経験を積み実績がある人も、資格を保有している方が仕事の受注率がアップします。

1万円で受験と講義動画の視聴が可能

メリット3つ目は、1万円で受験と講義動画の視聴が可能なことです。

WEBライター検定2級は受験料として1万円がかかります。

少し高いのでは?、と思うかもしれませんが受験をする権利に加えて、講義動画の視聴が可能になります。

クラウドワークスのサイトからWEBライター検定2級に申し込むと、講義動画のURLが送られてくるのでそこから視聴できます。

ライターに関する資格の中では、この値段で受験と講義動画がセットになっているのでお得です。

WEBライター検定2級取得に役立つオンラインスクール

メリット4つ目は、2級取得に役立つオンラインスクールがあることです。

WEBライター検定2級は受験料を払うだけで講義動画の視聴ができると先ほどお伝えしました。

しかし「それだけでは合格できるのか不安」「もっとしっかり勉強したい」というかたのためにオンラインスクールがあります。

WEBライター検定と同じくクラウドワークスが運営する、みんなのカレッジ「WEBライターコース中級」の受講がおすすめです。

受講費用として2万9700円がかかりますが、オンラインイベントが開催されたりチャットでの質問・相談の受付など内容が充実しています。

同じ受講生と関わる機会もある為、1人では勉強を始める気が起きない方も続けやすい講座です。

また、メンターによる課題の添削とフィードバックも受けられるため自分の文章の弱点や改善点がわかり、受験対策がしやすいです。

みんなのカレッジ「WEBライターコース中級」の公式サイト:https://minnano-college.jp/course/writer?ref=web_writer_2_kyu

フィードバックがもらえる

メリット5つ目は、フィードバックがもらえることです。

WEBライター検定2級はライティング形式で行われるため、課題に沿ったライティングを執筆して提出します。

そして試験結果と提出したライティングに対して添削とフィードバックがもらえます。

WEBライターを始めたばかりで案件が取れていないときは、自分の文章を客観的に見てもらえる機会があまりありません。

その為フィードバックをもらうことはライターとして成長する大きな助けになります。

仮に不合格だったとしても、もらったフィードバックを活かして案件の獲得に繋げられます。

クライアントやライター同士のコミュニケーションのきっかけになる

メリット6つ目は、クライアントやライター同士のコミュニケーションのきっかけになることです。

WEBライター検定2級は現在保有している人が少ない資格になります。

その為、提案文にアピールポイントとして記載すれば、クライアントの興味を引くきっかけになります。

また、WEBライターは1人での作業が多い為、プロフィールでWEBライター検定2級を持っているライターを見かけたら、ライター仲間を作るきっかけになります。

WEBライター検定2級の口コミ

WEBライター検定2級の試験内容は難しいとネットで話題になっているためこのようにしっかり試験対策をして挑む方が多いです。

ライティング形式の試験という点もどういった問題がでるかの想像がつきにくく身構えてしまいますよね。

ただ単に文章が書けるだけでは合格は難しく、正しい知識と技術が必要です。

それ故に合格すれば、自分の書く文章とライターという仕事を続けることに自信が持てます。

ネットでWEBライター検定2級についての口コミを見てみると、WEBライター検定2級を受けてよかった!という意見がよく見受けられます。

受験を申し込むと見ることのできる講義動画の質が高く、WEBライターとして必要な基礎知識が詰まっているため、WEBライターに挑戦してみたいけれど何から始めたらいいかわからない、という方におすすめです。

ただ闇雲に案件に応募するのではなく、まずはいったんWEBライター検定2級を受験してみて、基礎知識の勉強と腕試しをしてみるのもいいかもしれません。

WEBライター検定2級に合格することは案件の獲得率アップや、高単価の案件に採用されるきっかけになります。

合格率も低く、保有している人も少ない検定になるため、話のきっかけや、知識やスキルのアピールに最適です。

検定料もそれなりに高く、しっかりと勉強をしないと保有できない検定になりますが、案件の獲得アップに繋がれば検定にかかった費用や努力も無駄にはなりません。

WEBライター検定2級を受ける前に押さえておきたい5つのポイント

WEBライター検定2級は難易度も高く合格するか不安になる人もいるかと思います。

そんな不安を解消すべく、WEBライター検定2級を受ける前に押さえておきたい5つのポイントを挙げますので、しっかり押さえて合格を目指しましょう。

WEBライター検定3級の内容を把握する

1つ目は、WEBライター検定3級の内容を把握することです。

WEBライター検定2級には3級で出てきた内容も含まれます。

初めてWEBライター検定を受ける方はまず初めにWEBライター検定3級から受けてみましょう。

無料ですので2級よりも気負わず受験ができます。

残念ながら受験後に問題の解答を見れませんが、どういった知識が必要かという感触をつかめます。

また、不合格になっても30日経過すると再受験が可能になります。

繰り返し受験することでライターに必要な文法や表現方法の知識が身に付きます。

WEBライター検定2級の事前講座を受講する

2つ目は、WEBライター検定2級の事前講座を受講することです。

WEBライター検定2級は申し込みをすると、講義動画のURLが送られてきます。

動画の内容は実践的なものになっており、Webライターの仕事を始めたばかりの方はもちろん、Webライターとしてすでに活動している方にもおすすめです。

新たな発見ができたり、学びなおしができます。

講義動画は一定期間しか視聴ができない為、ノートを取りながら視聴することをおすすめします。

書くことで知識が定着しやすく、受験後も学んだ内容を確認できます。

WEBライター向けの本で学ぶ

3つ目は、WEBライター向けの本で学ぶことです。

クラウドワークスではWEBライター検定2級の対策講座として「WEBライターコース中級」を開講しています。

そういった講座や動画視聴以外でも勉強がしたい方にWEBライター向けの本で学ぶことをおすすめします。

WEBライティング初心者向けの本や文章力に特化した本を読むと、ライティングや文法の基礎の見直しや定着に繋がります。

読んだ内容は知識として蓄積するだけではなく、自分のなかに落とし込んで実際に自分のライティングに活かしたり、実践することも忘れずに行いましょう。

今まで受けてきた添削や評価を見直す

4つ目は、今まで受けてきた添削や評価を見直すことです。

クラウドワークスが運営する「WEBライターコース中級」を受講してメンターに課題を添削してもらった方や、案件を受けてクライアントからフィードバックをもらった経験のある方はそのアドバイスをもう1度よく確認してみてください。

確認した上でよく頭に叩き込みましょう。

ライターにとって自分の文章の強みや弱みを教えてもらうことは重要です。

自分でいい文章が書けたと思っていても、読んだ人に伝わらなくては意味がありません。 クライアントやメンターはあなたの文章がよりよくなるアドバイスをしてくれています。

添削やフィードバックを活用してよりよいライティングを目指していきましょう。

受験のスケジュールに余裕を持つ

5つ目は、受験のスケジュールに余裕を持つことです。

WEBライター検定2級は動画を視聴して勉強した後受験することになります。

また、ライティング形式の試験になるため思った以上に時間が掛かります。

焦って取り組んでしまうとつまらない誤字や脱字、言葉の誤用を行ってしまう可能性が高まります。

また、勢いにのって文章を書くと、後日見直してみたときに伝えたいことがよくわからないこともあります。

そうならない為に解答時間はもちろん、見直すための時間も十分確保し、余裕を持ったスケジューリングで挑みましょう。

余裕をもったスケジューリングでいれば、多少のトラブルがあっても巻き返せますし、リラックスした状態で試験に臨むことができます。

WEBライター検定3級、1級との違いとは?

ここまでWEBライター検定2級について解説してきました。

では、3級と1級はどういった検定なのでしょうか。

解説していきますので、2級以外を受験する際の参考にしてください。

WEBライター検定3級とは

WEBライター検定3級は、WEBライター検定の中で唯一無料で受験することのできる検定です。

謙譲語や尊敬語の違い、接続詞の正しい使い方など、文法はもちろんWEBライターなら知っておいた方がいい知識が出題されます。

既にWEBライターとして活動を始め、日頃から文章をよく書いている人からすると正答率の高い内容になっているかもしれません。

しかし、これからWEBライターを始める方や、文章を書くことに慣れている方でもあらためて聞かれると難しい問題が多いです。

受験料は無料ですが、1度不合格になると30日間は再受験ができません。

無料だからといって何も対策せずに挑むのではなく、せっかくなので文法の本や知識に触れてみたり、1度3級の出題内容を確認してから受験しましょう。

WEBライター検定3級の受験申し込みページから、無料の講義動画を視聴することもできる為、1度全て視聴することをおすすめします。

こちらも合格すればクラウドワークスのプロフィールに合格証が表示されるようになり、自分のスキルの証明が可能になります。

WEBライター検定3級の公式サイト:https://crowdworks.jp/skill_tests/web_writer_3_kyu

WEBライター検定1級とは

WEBライター検定の中で最高難易度の試験です。

検定料金は2万5000円で、2級と同じく講義動画がセットになっており、動画で勉強をしてから検定を受ける形になります。

また、申し込みをすればみんなのカレッジ「WEBライターコース上級」という有料の講座を受講して試験に挑めます。

試験の形式としては2級と同じ記述式のものになりますが、記事の構成案から執筆までおこないます。

2級以上にライターとしての知識や経験が必要となる難易度の高い検定です。

1度や2度の受験では合格できない人も少なくありません。

しかし、難易度が高い分しっかりとした知識とどんな案件もこなせる力がつき、さらに高レベルなライティングスキルの証明が可能です。

WEBライター検定1級の公式サイト:https://crowdworks.jp/skill_tests/web_writer_1_kyu

クラウドワークスのWEBライター検定2級のメリット・デメリットを徹底解説!:まとめ

この記事でご紹介したWEBライター検定2級は難易度の高い検定になります。

しかし合格できればライターとして活動していく自信にもなりますし、初心者の方でも案件を獲得できる確率がアップします。

まずは無料の講義動画を視聴して、自分がどれだけライターとして活動できる知識を持っているかチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれた方はRTいたします😊
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WEBEAT 片山のアバター WEBEAT 片山 WEBライター・WEBディレクター

WEBライター・WEBディレクター・アフィリエイター。
文章執筆が好きです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次