WEBライターが無料で学べる6大プレゼント配布中!

「頼る」と「甘え」の違いとは?「頼るコツ」「甘え上手になる方法」を解説!

頼る」と「甘える」の使い方は、シチュエーションによって変わってきます。

人に頼りたいけど「甘えてるんじゃないか」と思われたくないと思っている方は記事を参考にしてみてください

では、「頼る」と「甘える」の言葉の意味の違いを知るために、まずは「頼る」という言葉の意味を知りましょう。


WEBライター月30万円稼ぎたい方必見!
総文字数60,000
大ボリューム!LINE登録だけでWEBライター全てがわかる!

ウィビー助手

先着200名様限定です!

なくなり次第プレゼントのボタンは消しますので、お早めにどうぞ!

↓クリックで飛べなければ受付終了↓


目次

「頼る」とは

「頼る」とは、具体的にはどういう意味でしょうか?辞書によると、力を貸してくれるものとして依存する。と書いてあります。

例えば、どうしても一人では手に負えない場面に出くわした時に、「頼る」という言葉を使います。

何かわからないことがあればGoogle先生に頼る。重くて一人では持ち上げられない時に、近くにいる人に頼る。工事が必要な時に業者に頼る。

頼るにはコミュニケーション力が必要になってきます。そして相手の労力と時間も。

それを考えると頼るのを諦めてしまう人もいます。意外と頼ることは簡単ではありません。

「甘える」とは

「甘える」とは、具体的にはどういう意味でしょうか?

辞書によると、​​​​​​​​ 人の好意・親切を遠慮なく受け入れる。また、好意・親切をあてにして、気ままに振る舞う。と書いてあります。

例えば、優しい人に頼って一度助けてもらった時に、好意的な人だと思ったら違うことも手伝ってもらいたくなる時があります。それが「甘える」ということです。信頼関係が良いほど「甘える」を使います。

面倒見の良い上司に甘える。家族の優しさに甘える。友人の言葉に甘える。

あと、すぐに人に頼ってばかりであることも「甘える」と同じことだと考える人もいます。

「頼る」は、一人では出来ないから仕方がなく助けてもらうというイメージがありますが、「甘える」は逆に、自分でもできることを人の好意をあてにして助けてもらおうといったイメージになります。

そうして見てみると「甘える」は少し悪いイメージが感じられますが、親友や家族や職場の人などには、時には甘えて、感謝の言葉をかけると相手も悪い気はしません。むしろ、いいコミュニケーションになると言えます。

私も親友や家族にコミュニケーションの一環としてよく甘えています。

「甘える」と「甘え」は真逆の関係性にあり、「甘える」は信頼関係をあてにすることですが、「甘え」は人間関係なんかほっておいてその場しのぎをすることです。

「頼る」と「甘える」の違い

  • 手伝ってもらうときに、遠慮しながらお願いすることが「「頼る」」。
  • 手伝ってもらうときに、遠慮をしないでお願いすることが「「甘える」」。

相手に遠慮をするかしないかでも決まってくるのだと思います。

  • 遠慮とは辞書では、​​​​他人に対して、控えめに振る舞うこと。
  • 控えめとは辞書では、思うままにせず、内輪にとどめること。

ただ、機械の力に頼ることや業者の力に頼ることは、遠慮なしにいくら頼っても甘えるという言葉を使いません。

それは一定の対価を払っているので遠慮の必要がないからです。

なので、対等に近い存在に対して思うままにお願いすることが「甘える」ということになると思います。

やはり、相手への遠慮によって「頼る」「甘える」を使い分けることになります。

日本人は自然に礼儀作法として「遠慮」をしているので、だいたいの人が正しい「頼る」を使えているのではないでしょうか。

「頼る」「甘える」のマナー

日本では、人に頼るときは、先に一言「すいません、頼っていいですか」と確認をとると、相手に失礼はありません。

私が電気屋の新入社員の時に、上司と協力してコンクリート壁にドリルで下穴を開ける作業の時に、上司からグイグイと急かされてついつい無言でドリルを渡してしまったら上司から「目上の人にはちゃんとお願いしますを言ってから渡しなさい」と叱られたことがあります。

今思えば私は、忙しさに甘えてしまっていたのです。忙しいから少し甘えても大丈夫だろうと思ってしまったのです。

こういう仕事に対する「甘える」はよくありません。

相手に不快を与えてしまうばかりか、こちらも叱られて凹んでしまいます。

なので、頼る時はしっかり一言「お願いします」と言いましょう。

そうして頼る・頼られるを何度か繰り返していけば、信頼関係が出来てやっと甘えても許されるようになります。

甘えていると思われたくなくて「頼る」ことが出来ない人もいる

世の中には、人に「頼る」ことがすでに「甘える」ことなんだと思い込んでしまうストイックな人もいます。

頼ることで人間関係が損なわれてしまわないか不安になってしまうのです。

例えば、新入社員で入ると、初めはわからないことが山ほどあります。何度も同じことを聞いてしまったり頼ってしまったり。そうすると頼ることがどんどん怖くなってきてしまいます。

そういう人は、一人で解決できない壁にでくわしたら、一人で、もがき苦しみ疲弊してしまうことでしょう。

身近な人が声をかけてくれても恥じて頼ることができない可能性もあります。

もし、この記事を読んでいて心当たりがある人は「頼る」ことは決して悪いことではないことだと心の中に入れておいてください。

人間は誰しもが人に頼って生きているのです。電車やバスで通勤・通学するにも運転を運転手に頼っています。飲食店でも調理は調理人に頼っています。

職場の人に頼って良いのです。家族にも頼って良いのです。

頼られることもあれば頼られることもある。それは生きて行くのに必要でとても大切なことです。

頼ったら必ず感謝を言って、次に頼られるようにすれば良いのです。

甘え上手な人の特徴

甘え上手な人の特徴を説明してみましょう。

甘え上手な人は自分の気持ちに素直で、弱い部分を抵抗もなくさらけ出すことが出来ます。そして感謝の言葉も素直なので、とても好意的にみられます。

人を観察する能力も高く、頼み事をしても引き受けてくれそうな人を選ぶことも出来ます。

人をさりげなく褒めることも得意で、褒められた方はやる気があがります。

コミュニケーション力も高いので、自然と甘えられる環境を作り出しているのだと言えます。

もし甘え上手になりたい人がいれば、まずはコミュニケーションをとって周りに信頼を持ってもらいましょう。そして、自分の気持ちを素直に伝えられるように心掛けましょう。

素直な気持ちというものは相手に伝わるものです。あと相手をさりげなく褒めることが重要です。どんなに些細なことでも褒められると人は嬉しくなりやる気があがります。

そうすると甘えやすい環境が出来上がっていきます。

頼る時のコツ

人に頼る時には良いタイミングをつかむことが重要です。

まず、頼ろうとしている人が今何をしている時なのかを観察します。忙しそうにしていたり、何か重要な話をしている時は避けましょう。

良いタイミングだと思ったら謙虚な姿勢で声をかけましょう。

その時になぜ、あなたに頼むのかを明確に説明すると相手は受け入れやすいでしょう。

受け入れてくれたら「お願いします」と言い、事が解決したら「手伝ってくださってありがとうございました」とはっきりと言いましょう。

はっきりと言うことで好意的に見られコミュニケーションがとりやすくなります。

コミュニケーションをとることで信頼を得ることができ、次に頼る時に受け入れやすくなります。

頼られた場合

頼られた場合は、まずは相手の説明を聞き状況を把握します。とても自分では力になれない場合ははっきりと断りましょう。そうでない限りは相手のため力を尽くしましょう。

相手が初対面の人や立場が下の人でも決して威張らず真摯に対応してあげましょう。

頼られている時は、相手の言動や姿勢が気になるものです。良いものは取り入れて、あまり良い気がしなかったものは自分でしないように心掛けましょう。

頼られた理由が能力であればその能力が評価されていることなので大事にしましょう。自分でも気が付いていない長所を見つけられるかもしれません。

普段から周りに気配りをしていると頼まれやすいです。気配りは周りとのコミュニケーションが取れる良いことなのでどんどんしていきましょう。

頼まれ慣れていくと同時に頼みやすくなっていきます。自分の評価が上がり周りから信頼を得られた証拠です。

まとめ

この記事では、「頼る」「甘える」の違いについて深く考えました。

「頼る」も「甘える」も人間関係に深く関わっています。

「頼る」ことでお互いの信頼関係を深めることが出来ますし、「甘える」ことの出来る環境を作ることも大切です。

どちらもコミュニケーション力を必要としますので、苦手な人もいます。

そういう方は是非この記事を参考にしてみて少しずつでも「頼る」「甘える」ことが出来るようになればと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれた方はRTいたします😊
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WEBEAT 片山のアバター WEBEAT 片山 WEBライター・WEBディレクター

WEBライター・WEBディレクター・アフィリエイター。
文章執筆が好きです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次